Amazon 人気アイテムランキングTOP10 カテゴリ別にベストセラーアイテムをご紹介。

ヘッドライン

海外

1:名無しさん@2ろぐちゃんねる: 2017/04/15(土) 10:27:56.82 ID:CAP_USER9.net

アメリカの刑務所で、受刑者がこっそり自作PCを組み立てて所内のネットワーク接続に成功し、ポルノを閲覧したり、爆弾の製作方法を調べたり、クレジットカード発行を申請したり、受刑者が立ち入れない刑務所内の区域の通行証を発行したりと、やりたい放題していたことが判明しました。

事件が起こったのは2015年、アメリカ・オハイオ州マリオン群にある刑務所。監察官が調査した内容が、2年後になってようやく公表され、事件が明らかになりました。
2015年7月3日に、刑務所内で勤務していたITスタッフが、あるユーザーアカウントのインターネット通信量が制限値を超えているというアラートメールに気付きました。

IT管理スタッフが調べたところ、該当アカウントは刑務所の作業を請け負った業者のもので、不審に思ったスタッフが行動を追跡すると、アクセス制限がかけられた刑務所内ネットワークの共有フォルダにアクセスしようとしていることが判明。
3時間にもわたるアクセス制限の回避行動がわかったことで、刑務所職員が刑務所内を調査したところ、受刑者の監獄の天井裏に、2枚の板で隠されたPC2台が発見されたとのこと。

このPCは、刑務所内でPCから出る廃棄物のリサイクル作業をしていた受刑者2人が、こっそり部品を抜き出して組み立てたもの。
看守の目を盗んでPC用のパーツを集めて、なんと自作PCを監獄で組み立てていたというわけです。
取り調べに対して、PCを組み立てた1人の受刑者は、刑務所内の監視体制が甘かったことからPCを持ち運ぶことができたと証言しています。

監獄でPCをゲットした囚人たち5人は、天井裏にPCを隠し、電源を確保したうえにネットワークへの接続にも成功。
監獄で自由にネットサーフィンをしていました。
押収されたPCを査察官が分析したところ、受刑者はポルノを閲覧したり、薬物や爆発物の製造方法を検索したり、他の受刑者の個人情報を盗んでクレジットカードを発行したり、とやりたい放題だったとのこと。
しかも、受刑者が侵入することを許されていない区域にあるセキュリティチェックをかいくぐるための通行証の発行にも成功していたことが判明しています。

刑務所内で行われていたPCのリサイクル作業は、受刑者の更正プログラムの一環で、コンピューターに関する知識の習得も含まれていたとのこと。
ただし、事件とは関係ない別の理由で、このコンピューターに関する更正プログラムは終了したそうです。
脱獄がテーマの人気ドラマ「プリズンブレイク」も顔負けの囚人たちでしたが、事件に関わった囚人の大半は別々の更正施設に移送されたそうです。

no title

no title

no title


http://gigazine.net/news/20170414-prison-diy-pc/



PR オススメ
サイト内検索
AD
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 空中曲芸
ブログパーツ アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
Powered by ライブドアブログ Designed By 2ろぐちゃんねる