ツイッター

【動画】イギリスのテレビCM 涙腺を刺激して止まらない

イギリスの大手スーパー『Sainsbury’s』のコマーシャルの出来が素晴らしい。 第一次世界大戦のクリスマス休戦を題材にしたものなのだが、十分すぎるほどの出来。 最後の言葉は「クリスマスはわかちあうためにある」というもの。一見の価値あり。 https://t.co/nTGn3Ji2RV
@G18skosko 切ねえ 涙ぐんじゃったよ😢
@G18skosko 映画「戦場のアリア」(2005)こちらもクリスマス休戦を描いたとても良い作品です。 pic.twitter.com/aJa0CUW5w4
@G18skosko こんなに仲良くなれるのに…。 何で戦争をしないといけなかったのか。 殺し合う意味なんてないのにと悲しくなりました。 世界中の人が平和に暮らせる時代になりますように…。
@G18skosko 戦場のメリークリスマスのようなこと、、ほんとにあったんだ….知らなかったです
@G18skosko @jfuk2 ポール・マッカートニーもこのエピソードをPVの題材にしていますね♪
@G18skosko 水冷式の銃が欲しかったのかな?(-∀-`; )
@G18skosko これ良くできたCMですね。
@G18skosko 有名なクリスマス休戦ですね。
@Altihappy @MarksModel1 @G18skosko 日本凄いと言うような人たちはネトウヨと途上国に人たちだけだと思いました。トヨタ、日産、芸者、富士山て言う人たちもいましたよ。一時帰国する私に「自国では着物着るのか?」ていう人もいたしね~笑えるよね、ロンドンにどでかいユニクロあるのにね😅
@G18skosko @zebraorange これを見ると、戦争ってなんのためにあるんだろうって思うんだ。
@G18skosko 失礼します。 切手マニアなので、ヨーロッパ各国で毎年 第一次世界大戦の切手が発売されているのは知っていました。 悲しみの伝わる切手ですが 美しいです。
@G18skosko これ小学校の国語の教科書の中で一番好きな話だ
@G18skosko @tsuneyukishimo スティーブン・スピルバーグ監督の「戦火の馬」のワンシーンが使われてるのかな?とても感動的でした🥺
@G18skosko こういうの見ると 戦争をしたい人なんていないよな… って思います😭 誰だって平和がいいに、決まってる…
@kazebozu @MarksModel1 @G18skosko 第二次世界大戦だと日本は敵方ですもんね😅 返還前の香港で創作時代劇?みたいなドラマを見たのですが、悪役チームが袴姿っぽい服装でした。 日本を敵として見る人も、世界にはそれなりにいるんでしょうね。
@G18skosko @GLC09BK88PGot7U 映画「西部戦線異状なし」ですね
@gramophon1 @TH8901_422MHz @G18skosko @Shinoto_Akio2 日本が『埴生の宿』を歌って、英国が原曲の『Home! Sweet Home』歌ってましたね
@G18skosko お互い、おつかれさんって声が聞こえそうな良い写真ですね。
@G18skosko イントロではなくて、歌い出しですね。そこらへん訂正します😅
@G18skosko @shift217 たった2分間でおっさんを泣かせやがって😭
@G18skosko 「クリスマスまでには国に帰れる」 だが多くの若者たちにとってこれが最後のクリスマスになった。 そして現在も紛争は果てしなく続いている。 祖国と家族の為に戦って散っていった多くの英霊たちに心から敬意を。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。