ツイッター

【画像】「余り美味しいとは言えませんでしたが…」廃業したラーメン屋の閉店のあいさつが泣ける

淡路町の廃業したラーメン屋の閉店のあいさつを見て、これは店の遺書だなと思った。店主の50年間がこの一枚の張り紙に表現されていて身震いする思いだ。 店頭に置かれた「ご自由にどうぞ」の中華鍋が哀愁を誘う。 俺は店が廃業する時にどんな遺書を残せるだろうかと、ふと立ち止まって考えてしまった。 pic.twitter.com/VCIayGAxyJ
50年も料理の仕事を続けてその間に百万回以上もラーメンを作ってきたかもしれない。それでも「余り美味しいとは言えませんでしたが…」と書ける謙虚さ。今は「俺の料理はすごい」みたいな戯言をほざくペテン師ばかりの世の中だけど、何十年も地道に商売を続ける事の方が遥かに素晴らしい事だと思う。
50年も続いたのに、あまり美味しいわけではない、なんてことないはず😢  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
突然の閉店、寂しいよね。風情がなくなっていくというか。中華鍋、料理好きの友人が喜んで持って帰りそう。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
またしても歴史ある老舗がコロナ禍の影響で廃業を余儀なくされた。 長期に渡り飲食店を継続できるのは、並々ならぬ日々の企業努力と、経営者及びその家族の「協力体制と自己犠牲」も要因の一つだと察する。 こういった涙と御苦労を、私達食べる側も念頭に置かなければならないと思う。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
使っていたであろう中華鍋を置く時の気持ちはどんなのだろうか。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
近所の飲食店でも 「苦渋の決断を…」「断腸の思いで…」なんて張り紙が増えた 表に見えてるところだけでもこれで、見えていない部分を含めたら数多の文化が悲鳴あげてると考えると恐ろしい  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
おれも今から死ぬ時(閉業)のことを考えながら一つ一つ行動しようと思う。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
政府が100%の粗利補償をしていれば後5年ぐらいは、ここの味を守れたであろうに…。 お客さんも寂しいだろうが一番寂しいのは店主だと思う。 緊縮財政が招いた一つの出来事。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
一度食べに行ったことがある。うまい店をさがすのが得意な人たちが通っていた中華屋だったと思う。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
本題とズレるが「町中華で飲ろうぜ」って番組の良さが分かる。 コロナ影響で顕著となり皆気付き始めたけどお店は以前から、何時だってそう。 思い立ったら訪問が吉。 親父が高校生の頃から通っていた地元ラーメン屋が閉店したと聞いたとき、赤羽中央亭の50年の歴史がさっと幕引きしたとき、痛感した。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
この店は何度か行った。ほんと、どうって事ない味にホッとする店だった。老夫婦の優しい接客も居心地よかった。残念。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
いつまでもその場所にその店があると思うな。 これだけはしっかり頭に入れて、対策キッチリして好きな店を食べ歩くつもりだ。 勿論、時の流れには勝てないけど、流行り病には負けるつもりはない。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
こういうの見ると行きたかったなと思う。だけど知らないからいけない。現代の宝探し  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
お店が閉店しただけでなく、1つの文化が絶えたのよな。 まぁ年齢もあったから、全てコロナのせいでは無いにしても悲しい。 ゆっくり休んで欲しい。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
お店の遺書という表現まさに、その通りに感じる次第。お店や会社が閉店になるとき、ユーザーに愛されているかがわかる  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
近くは何度も通っているけど利用したこと無いです、利用したこと無いと言うより気付きもしなかったと言う方が正解です。地道に営業されて地元(勤務先通学先の人含む)の常連客の皆様に支えられていたのでしょう。こう言う店に気付かない私は全然ダメだと思い知らされます。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
昔、寂れたラーメン屋さんに飛び込み、飲みながら独り身のご年配のご主人の身の上話を色々と聞いて、映らなくなったと言う母屋のテレビを部屋まで入って設定し直し、ビール代をオマケしてもらったのを思い出しました🤭 「また、来ます!」と言ったのに、その前に閉店しちゃったのが悔やまれます🥺  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
涙が出る。 店主やシェフの加齢によって途絶える手法や味がある。 飲食業は体力仕事。 年齢や身体の不調が原因で、継続したくても限界は訪れてしまう。 それでも志を持って頑張っている人たちの心に、コロナウイルスがトドメを刺す。 コロナさえなければ、と思わずにはいられない。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
このボロボロの鍋、「捨てられなかったのかなぁ」なんて思うと泣けてくるな。 「あんまり美味しくないけど(謙遜でしょうが)懐かしい味」、定食屋の矜持だよな。 毎日毎日、変わらない味の料理を出し続ける。 50年かー…。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
まじか。。。こんなことばかり続く。オリンピックなんか招致していなければ。狂ったマリオを支持する狂った国民のやらかしたこと。#目先の金が大好きだ日本人  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
知っているお店が閉店。景色がどんどん変わっていくなあ  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
まちかど図書館のところのお店…! せめてこの中華鍋がよい主さんに巡り会えますように…。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
中華鍋が付喪神に見えます。どうなったのだろう。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
嗚呼💧 また神田の思い出が消えたのかぁ😭 ここは遥か昔々に学校サボってBFと御茶の水の檸檬画翠辺りからブラついて響でマイルス聴いて神田のスポーツ店覗いて、淡路町来たらほぼここでラーメン食べてた🍜 美味しかったよほんとに! 長い間ありがとうございました🙇‍♀️  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
ちょっと疲れている。 泣いてしまいます。 TLには、酸素飽和度90以下で死にそうな人が何人もいるし、街のお店は歯が抜けるように閉まってゆくし、 社会が目の前で崩壊してゆく。 でも、繁栄の幻のは続いている。 私たちはどこへ行くのでしょうか。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
中華鍋…多分店主が長年手入れしてきた相棒なんやろな…めっちゃうまい飯作れる人と出会えたらええなぁ。 鉄の塊やけどどこか寂しそうな感じがする。  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
店主の表現といい黒かどやさんの表現といいどちらも凄くて泣いてしまった…  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
これは切ない・・・ これを見てコロナ脳の人は何も思わないのかな・・・  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
「店としての遺書」のようなものは去年から「もうだめだ」と思った時に何度か書きかけたことがあって、どれもこんな風に深みのある文にはならなくて、「まだそんなことが書ける身分じゃないんだなあ」と思って止めた。 「余り美味しいとは言えませんでしたが」の一節は本当にすさまじい凄みがあるなあ  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
これ凄いよ。 「余り美味しいとは言えませんでしたが」という謙虚さ。 でも良いんです。普通の美味しさを何十年もずっと提供してくださったことが素晴らしいんです。 普通の中華屋さんとか凄く安いんだから普通で良いの。 私が常連ならこの鍋貰っちゃうなぁ  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
淡路町のダーツ屋に同僚と行き、つじ田のつけ麺食おうとしたら並んでてここに入った。タンメンがめちゃくちゃ美味しかった記憶が…😭  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
あの店閉店しちゃってたのか… 正確には司町ニ丁目だけど  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 
高齢の経営者にとって、新たに何かを行うというのは大変労力がいる。感染症対策の設備投資、日々の店舗運営(換気や衛生面の気遣い等)、給付金の申請等々。せめて、若い後継者がいれば永く続けられたのかなと。淋しいですね。この中華鍋が、新たな料理人の手に渡って活躍できる日が来ることを祈ります🥺  https://twitter.com/kadoya1/status/1429646856540155916 

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    コロナでやめたんか?
    ただ後継者がいないだけかもしれんしな

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング ブログパーツ