海外の反応

【韓国の反応】「ポランペに乗ったからって自慢しないで」…静かな日本車「ワイルドスピード」トヨタGR。韓国の反応「日本車にはあまり惹かれるものがない。/GRは韓国でマーケティングを諦めた。」

1:韓国の反応@2ろぐちゃんねる

「日本車は静かだ。 代わりに走る楽しさは足りない」


トヨタプレミアムブランドであるレクサスのために生じたイメージだ。 レクサスも走る楽しさを備えているが、「静粛性の代名詞」というタイトルに埋められた。


一般消費者はよく知らないが、ポランペ(ポルシェ、ランボルギーニ、フェラーリ)に劣らないほど面白い日本のスポーツカーもある。

1990年代に登場したトヨタのスポーツカーである。 トヨタのスポーツカーはストリートレーシングアクション映画「ワイルドスピード」、日本の漫画「イニシャルD」を通じてマニアも量産した。


ポランペスーパーカーはもちろん、BMWとベンツの高性能パフォーマンスモデルが存在感を強化すると、「日本スポーツカー全盛期」をリードしていたトヨタ伝説もさらに強力になった姿で復活し、韓国市場を相次いで叩いている。


「フォランペキラー」BMWM、メルセデスAMG、アウディRSに匹敵するトヨタGRだ。

トヨタGRはトヨタガジュレーシング(GAZOORacing)に由来する。 ガジュ(GAZOO)は日本語の像から持ってきた。 画像、イメージや写真などを意味する。


トヨタガジュレーシングは豊田喜一郎創業者のモータースポーツへの情熱から始まった。 彼は「自動車を改善できる方法としてレーシングより良いものはない」とし、「オリンピック選手たちが自分の力を最後の一滴まで絞り出すように、自動車もレーシングを通じて限界にぶつかり、ますます進化している」と述べた。


トヨタガジュレーシングは現在モータースポーツ事業部でありレーシングチームを意味する。 トヨタレーシングチームは2007年「チームガジュ」というチーム名でドイツ·ニュルブルクリンク24時間レースで初出発を知らせた。 2015年には「トヨタレーシング」、「レクサスレーシング」などに散らばっていた社内モータースポーツ活動をトヨタガジュレーシングに統合した。 2017年にはトヨタガジュレーシングカンパニーとして生まれ変わった。


トヨタガジュレーシングはニュルブルクリンク24時間レースはもちろん、ル·マン24時間耐久レース、WRC-FIA世界ラリー選手権大会などに出場している。


ニュルブルクリンク24時間レースが開かれる「緑の地獄」ニュルブルクサーキットはトヨタスポーツカー開発試験場となった。
2007年の出場当時、現在代表取締役の豊田章男は専門ドライバーではなく社内技術者とチームを組んで中古車を改造した後、出場して完走した。


その後、ニュルブルクリンクレースにはレーシングカーではなく、量産車をベースに作った車両として出場している。トヨタガジュレーシングは2010年と2012年レクサスLFAでSP8クラスで、トヨタ86で2012年と2014年SP3クラスでそれぞれ優勝した。


SPプロクラスの場合、2014年と2015年にはレクサスLFAコードX、2018年と2019年にはレクサスLCが優勝カップを獲得した。

WEC-FIA世界耐久選手権大会には2012年からハビブリッドレーシングカーとして出場している。 トヨタは2018~2021年、ル·マン24時間耐久レースで4連覇を達成した。

WRC-FIA世界ラリー選手権大会でもトヨタのヤリスを前面に押し出し、2018~2020年メーカー部門またはドライバー部門で優勝した。 2021年シーズンには両部門で優勝した。


トヨタがモータースポーツの実力を誇るためにモータースポーツ大会に参加したわけではない。


トヨタガジュレーシングの目標はモータースポーツで培った技術と力量をより早く適用し、「胸躍るスリル」をプレゼントする「より良い自動車」を作ることだ。
トヨタが主レーシングのモータースポーツ活動で得た技術と経験は、トヨタスポーツカーのラインナップ「GR」に反映された。


第4世代スープラ(A80)と第5世代GRスープラ(A90)、トヨタ86、レクサスLC、LFA(限定版モデル)がいずれもニュルブルクリンクレースを通じて誕生した。
トヨタ86は2011年東京モーターショーで量産モデルとして公開される前、プロトタイプモデルとしてニュルブルクリンク耐久レースに出場した。 GRスープラも2018年A90というコンセプトモデルでレースに参加した。


スポーツカーだけでなく、小型SUV「C-HR」も2016年レースに参加した。 過酷な状況で自動車性能をテストし、大会で発見した改善点を安山車に適用するためだ。


2017年に発足したトヨタガジュレーシングカンパニーは、2年後からモータースポーツを通じて培ったドライビング経験と技術力を積極的に適用したGRモデルのラインナップを披露し始めた。


代表モデルはGRヤリス、GRスープラ、GR86だ。 この他にも最上位ラインナップであるGRMNヤリス、ハイラックスGRスポーツ、ランドクルーザーGRスポーツ、C-HRGRスポーツ、プリウスPHEVGRスポーツラインナップも備えている。


国内で最もよく知られているGRモデルはGRスープラだ。 2020年に初めて披露された。 昨年は20台限定で販売された。


スープラは1990年代、日本のスポーツカー黄金期を率いたモデルだ。 映画「ワイルドスピード」でフルウォーカーが乗って出てきた。
第5世代モデルのGRスープラはトヨタとBMWの協力を通じて生まれた。 トヨタとBMWは共同開発を通じて、それぞれ2人乗りロードスターであるZ4とGRスープラを開発した。 GRスープラはBMWZ4とパワートレイン、シャーシなどを共有した。


トヨタはGR86も今月、国内で発売する。 GR86のベースモデルは後輪駆動コンセプトで開発された大衆スポーツカーであるトヨタ86だ。


トヨタ86は1995年に連載された日本の漫画「イニシャルD」に登場し、さらに有名になった。 トヨタが走行レーシングの手を経て、昨年10月GR86に生まれ変わった。
GR86は、国内で販売されるスポーツカーの中で唯一後輪駆動に手動変速機を組み合わせた車両である。


2.4ℓ水平対向エンジン、6速手動変速機及びGR86専用の新規FRプラットフォーム、高強度車体が特徴である。スタンダードとプレミアムの2種類が発売される。


ソース元

2:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
いくら早くても形がこうじゃないんです。

 

3:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
お金自慢のグレードの車だからあんなの買ったら周りで悪口言われるwww

 

4:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
反中でもしろ。情けないやつら。

 

5:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
することがなくて日本車を広告するのか。

 

6:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
かわいくない。

 

7:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
日本車を広告してるねwww

 

8:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
広告費をたくさんもらったみたいですね。

車のデザインを私がしてもあれより上手だと思うけど。。

 

9:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
反日扇動のため、罪のない日本車に火の粉が飛び散りました。

 

10:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
ジェネシスの方がいいんだけど?

 

11:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
買わない!!正直買えないよ!

 

12:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
私はドイツ車に乗る。

 

13:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
性能と商品性で世界市場を食べるというのがすごいが、見た目は…

 

14:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
反日不買はしないが、ここに紹介された日本車にはあまり惹かれるものがない。

 

15:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
GRは韓国でマーケティングを諦めたんだよね。

 

16:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
不買。

 

17:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
サムライの感じがする。滑らかによく抜けてる。

 

18:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
不格好だ。

 

19:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
あのお金であえて買うかな?

 

20:韓国の反応@2ろぐちゃんねる
日本車広報大使?

 

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    走る棺桶に乗ったタイガー・ウッズは選手生命を危ぶまれるほどの大ケガを負った

  2. 匿名 より:

    モータースポーツ不毛の地韓国ではチューニング文化なんてわかんないでしょ、韓国人はつまんないノーマルセダンでも乗ってりゃいいんだよ

  3. 匿名 より:

    朝鮮では買わないと買えないは同じなのか?
    放火と防火が同じだと聞いたことがあるが民族同様本当に欠陥だらけだな

  4. 匿名 より:

    こいつらはどんな走りかが重要じゃなくて、見栄が張れるか否かが全てだからな

  5. 匿名 より:

    ポランペってなんだよ
    全部違う個性のスーパーカーを一緒くたにすんなよ
    てかハ行とパ行の区別が付かないから常に表記が揺れるの何とかしろよ

  6. 匿名 より:

    朝鮮の市場なんかどうでもよい。

  7. 匿名 より:

    あいつらは日本人のLとRの発音が出来ないと嘲笑うけど、あいつらはFとPの発音を一緒にしてるからな

  8. 匿名 より:

    ガジュレーシングw

  9. 匿名 より:

    そりゃトヨタも消えゆく市場には興味ないだろ

  10. 匿名 より:

    朝鮮じゃクルマも自分をよく見せるための道具でしかないんだろ

  11. 匿名 より:

    このクルマは性能価格比で見るとコスパすごいんだよね
    とりあえず乗って楽しいことは間違いない
    韓国メーカーにこの乗り味は作れるかな?

  12. 匿名 より:

    ジェネシスw

  13. 匿名 より:

    どう逆立ちしたって韓国人には86は作れない。ずーっと妬んで日本を眺めてるといい。

  14. 匿名 より:

    韓国人自体モータースポーツに興味がない!
    韓国人って与えられた車に乗るだけ、自分たちで金をかけて弄くる事もしないし出来ない。
    だから車のパーツも売れないから発展しない。
    よって韓国車の下請け企業の倒産が相次ぐ!

  15. 匿名 より:

    朝鮮人に日本のスポーツカーを批判される筋合いは全くねーわw
    まずお前らは国際レースでもWRC以外は勝っていない
    絶版車になってもプレミアがつくような車も作ってないし、自動車の博物館に行くような車は作れてない。
    もちろんスーパーカーなんてないし、車好きが憧れる車なんてなーんも無いからワイスピ的なカーアクション映画の主役張れるようなマシンも当然なしw

    日本車を批判したけりゃ、レースで実績だして、みんなが憧れるスポーツカーや、歴史に残る画期的な車を作ってみろ。
    話はそれからだ。

  16. 匿名 より:

    地元はドイツ車の日本法人の本社があるから
    自分はゴルフに乗ってる。ディーラーの営業さんが
    「日本車は走る棺桶だからボクだったら
    絶対乗らないです」の一言で決めたんだよね。
    同じ県内と隣県に自動車メーカーがあるけど
    選択肢には入らないね。

  17. 匿名 より:

    >地元は

    在日コリアンの誹謗中傷投稿に極似している内容やな。

    お前が何処の国の車を選択するかは自由だが、人間性を疑われるコメントは一般的な道徳教育を受けていない低能と判断されるだけや。

  18. 匿名 より:

    どうでもいいけどボランペだのフォランペだのが何なのか説明しろよ
    韓国語なんて誰もわからんのに

  19. 匿名 より:

    デザインに関しちゃ外人の功績であって韓国人の功績では無い。

  20. 匿名 より:

    ワイルドスピードなど世界的な映画やニードフォースピードなどのゲームにコリアンカーは一切出てこないから技術のない哀れな韓国人の劣等感なんだね。
    しかも最近の韓国車のデザインはイタリア人、フランス人だしな。

  21. 匿名 より:

    日本人からすればトヨタにレースのイメージはさほど無い。黎明期の日産vsマツダやF1でのホンダの方が頭に焼き付いてる。

  22. 匿名 より:

    そもそも朝鮮という小さな国、小さな市場を重視して仕事をしてませんので悪しからず

  23. 匿名 より:

    ガラクタに見える廃車でも凄い値が付くのが日本車
    そういう名車を造ってみてよ

  24. 匿名 より:

    騒ぐのはいつも金無しだ

  25. 匿名 より:

    F-1も主催するFIA(国際自動車連盟)も関わり、各自動車メーカーもスポンサーになってチームを作り参加する、グランツーリスモというゲームを使って競技するeスポーツがある

    日本のゲームなだけに、eスポーツに弱いとされる日本人も参加し、欧州で人気のタイトルだから欧州人や豪州人、アメリカ人なども参加しているが、香港人や東南アジアからも選手が参加している
    が、確かeスポーツ大国であるらしいコリアンは居なかったかと

    「日本車は走らせても楽しくない」などと知ったか韓国人のコメントにあるが、ホントにモータースポーツや車文化そのものに興味がねえんだと思う
    ゲームであっても関心がない

  26. 匿名 より:

    もう世界中の自動車メーカーが、小さな小さな韓国市場なんて重視してないだろw

  27. 匿名 より:

    ゴ・ミ車しか造れない負け犬韓国の遠吠えでしたwww

  28. 匿名 より:

    凄い読みづらい文章だな

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング ブログパーツ