お仕事

【2択】「納期ギリギリ10割の質で仕事を提出するA」「かなり早く6割の質で提出するB」どっちを高く評価する?

あなたは小規模企業の経営者です。 A:こちらが設定した納期ギリギリに10割の質で仕事を提出する制作スタッフ B:こちらが設定した納期よりもかなり早く6割の質で仕事を提出する制作スタッフ どちらを高く評価しますか? ちなみ仕事内容云々など細かいことは適当に考えちゃってください。
6割はプロジェクト管理体系見直すべきじゃないかな。マジ素人意見だけど。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
基本はBかな。 よほどの信頼と実績と担保が無ければギリギリは無いわぁ。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
これ、品質と進捗を混同してる感じあるけど、 6割進捗の品質10割と、 8割進捗の品質8割はだいぶ違う。。 10割進捗の品質6割とかがらくた製造機じゃん。。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
Bでやったら今度からクソ短納期でふっかけられるの目に見えてるやん。 6割で納品って客舐めてるやん  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
仕事の内容によって意見が分かれそうな話 部品とかは6割は問題外 納期に間に合って設計通り10割なら全く問題ないので、評価されるのはA 直せる業種の場合、不安になる人が多いのでBが多い ただし気にする必要があるのはBは仕様理解できる可能性が低い事 正しく発注しようねっていう話になる  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
自分はBでとりあえず出して、齟齬と他の急ぎのものがなければ納期の可能な範囲でブラッシュアップするようにしてる。 まぁ納品物として6割ではダメなのでもうちょっと精度高い(と思ってる)ですが・・・。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
これはAかな こちらが設定する納期には当然多少のバッファー見込んでるから  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
面白い。課題設定があえて曖昧だから、それぞれの理由に経験則が見えてくる。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
納期設定はこっちでできるんだし、そこにマージン持たせてAでしょ ラフとか初稿で考えるからかもだけど、手直し4割必要で早く貰っても困る  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
Bだなぁ。相手と自分の中の方向性が合ってないことが後々に発生した場合、Aだと間に合わない可能性を考えてしまう。Bならそこからの軌道修正とかブラッシュアップが可能。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
|ω`)出す案件によるかな。まぁでもしっかり10割の質ならBかなぁ、もちろん途中経過の報告はもらうけど  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
Aですね。 納期後や納期前にBだとプラスの工数が発生するのが、想像できちゃいます笑  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
クライアントとレスポンスが必要なデザイン仕事はB、でも漫画のアシさんだとA。〆切前は漫画家自身に余裕なく直しを入れてる暇もないので完成形が欲しいです😂  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
私の経験上できるもんなら理想はAだが、現実問題あり得ないのでB+ブラッシュアップで10割に持っていくのがほとんどかと思います。(発注側の要件も変わる可能性もある?) だからAできる人もBしてもらってブラッシュアップという動きをしてほしい。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
自分が経営者ですよね。最終的な質は同じと仮定するならば、どっちもOKですね(笑)やり取りはナンバー2に任せます。 あとは、その担当の人との性格の相性と予算次第でリピートするか決めます。そんなもんちゃいますかー😎  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
回答Bが多数なのだが(私はA)、「修正が入ったとき納期ギリギリだと間に合わないから」と説明する人が多い。 Aは「10割の質で提出した」との設定なのに、なぜ「修正が入る」と勝手に条件を付け足すのだろう。 ビジネスでは読解力は不要なのか? そうではないと信じたいが……。 #ライター徒然草  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
圧倒的にBだなー。 なんなら30%、60%、90%とそれぞれ当ててもらって毎回数分でチューニングしてゴールに向かうのが最高。 好きすぎてその後一緒にビールで優勝したくなる。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
完全にBですね。 納期に間に合うか心配するコストを下げられるし、自分の期待するもの以外の良い部分を活かせるかもしれない。 もしくは6割で実は良かったかもしれない。 やっぱ経過がわかることはめちゃ大事。 (経過知らなくてもいいものは、そもそもこちらから納期設定しないww)  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
Bですね! 最終意思決定が私自身にあるのであればという感じです。もし権限委譲しているのであればAとB考えず取り敢えず任せる形になる気もします。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
Aです。この前提であれば。 現実は発注側の10割が担保されない場合が多いので自分はBでやります。ただし、Bの場合、納期より早く出す理由を相手ファーストで端的に伝える伝え方や相手の時間を奪わない思いやりが鍵かと! その説明がないパートナーのBにはエネルギーを持ってかれますよね汗  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
Bの方を推したいと思います! 理由としては2点あって、 ①レスのスピードが速い ②6割のレベルアップに期待できる スタートアップとかだと、何よりスピード感が重要かと思いました。 ちなみに自分がプレーヤーだとしてもBになりたいなと思います。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
A そうして欲しい 小規模なので各スタッフのスキルが高く無いとやっていけないという、実情と言うか願いというか  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
Bかな? ・人間どうしの要件伝達に100%なんてことはなく、絶対に情報ロスとかが生じる ・だとしたら6割の時点で一旦共有してもらって、途中で軌道修正できるほうが良い ・軌道修正の結果、ワンチャン最初の想定を超える「11割」のモノができるかもしれない  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
A 前提としては、 ・そもそも発注先への納期設定に余裕を持たる ・発注前の要件詰めに時間を使う 経験則として、6割で出してくる担当はこちらに品質担保の責任を委ね、工数もかかる傾向があり付加価値が小さい。 ちなみに、インターンに単純作業任せるならBがいい。依頼する仕事の付加価値の問題  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
私はA Bは一時期流行った拙速という手法ですよね・・ 私の好みは、A でも、そこに行く前段階で、かなり話を詰めて、制作段階のスケジュールについても確認を取る。 そして相手次第によって、その間に連絡を取る頻度を考える。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
圧倒的にB。 「やり直しにかかる工数」が世界一無駄だと思ってるので、なんなら依頼した当日に2割でいいから方向性確認して欲しい派です。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 
小規模企業のけいえいしゃは設定した納期よりもかなり早く10割の質で仕事を提出する制作スタッフを求めます。納期よりかなり早くても6割では激怒され、10割でも納期ギリギリだとどんなに軽く見積もっても小言ぐらいは言われます。これが私の見た小規模企業の現実です。  https://twitter.com/fujimori_hrc/status/1345573105859760128 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。