ツイッター

教育パパママになる親に見られる傾向とは?

一生懸命勉強した経験のある人は、努力をしたら到達できる領域と、精一杯努力しても到達できない領域があるという現実に、いつか嫌でもぶち当たる。だから、ちゃんと勉強した経験のない人ほど、努力すれば何でもできると簡単に言う。 勉強した経験のない親ほど教育ママパパになるのはこういう仕組み。
努力で到達出来る領域と出来へん領域が存在するんは、勉強でも仕事でも一緒やと思うさけねぇ😓 何でも努力・頑張りで済まされるコト程、しんどいって思うんやで😓  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
自分で勉強してこないと、各々で効率的な勉強法法は異なり、まさに学問に王道なしってことがわからないと思う。子供の勉強の意義は自らに最適な学習法の模索かと。それを手伝うのが親の教育だと思う。  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
勉強してこなかったから加減を知らない教育パパママは、こんな感じか  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360  pic.twitter.com/J0WE7aZ34z
逆だと思ってた。僕の親、片方がめっちゃ努力家で、もう片方が天才で努力家だからまじでなんで僕が生まれたのか謎  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
昔野球やってた頃、右腕イカれるまで死ぬ気で努力して尚まだ改善点があると思ってたんだが? 正論ぶってるけど、要は自分の惰性と妥協を他人に認めて欲しいだけだろ。 一丁前に限界だの領域だの語るなやいい大人が情けない  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
なるほどね ちょっと趣旨ズレかもだけど、 言い方悪いけど、「自分が出来ない事を他者に押し付ける」やつはもれなくバカだし、ろくな人間じゃないと思う  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
一番下の一行以外はその通りだと思う。 勉強した経験がないほど教育ママパパになる(らしい)のは、そのママパパが勉強しなかったことによって苦労した経験があるからだと思う。たぶん。  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
もんんんんのすごい分かるwwww wwwwとかつけてるけどほんとまじんかる(くどい)  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
「資源は有限、工夫は無限」とか「知恵と工夫でどうにかする」みたいなことを言うのって、 だいたい知恵もなけりゃ工夫したこともない人だよね  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
教育パパママに人生で直接接触してないので頓珍漢なコメントかもしれないが、 彼らの要求は精一杯努力しても到達できない領域でないことも多いんじゃないだろうか。 一部のキチの話とかそもそも教育方針や導き方がいけてないよなとかは置いといて。  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
もうひとつ付け加えるとすれば、その時々で努力で到達できる地点とは異なるということ。 小学校の時に出来なかったことが、大人になったら出来ることもある。 だからその時に出来なかったと責める必要性は皆無。 出来ることを求めるなら、その時まで寝かせておくのが吉。  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
こういうなんのエビデンスもない話なのに、無条件に信じちゃう人の方がアレ  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
努力には質と量があって、それぞれは補完するが代替はできない。それに気づけるかどうかだと思う  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
わかんないとこない?って聞ける親は、子供にはあまり強く勉強しろとは言わない。 言ったとしても、わかんないとこあったら聞きなよ、と安心させることはできるし、子供も信頼して勉強に取り組む。  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
わかる 逆で 努力し続けて一般的には到達できない領域に足を踏み入れたことがない親ほど無意味に子供に努力させる😇 努力を継続できる才能がない子供には何させても無駄だから獣のように自由にそだてるといいよ☺️ さらに上のレベルで天賦の才を持ち努力を継続できる層がいてるから😂 何しても無駄  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
それな。 あとは、能力高くてある程度成功体験しかない人もピンと来ないのよね。  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
子供に勉強をさせたければ、親である自分が勉強を楽しそうにしている充実した姿を示してやらないと、勉強するメリットのイメージがまずできないし、そもそも「勉強」って具体的に何をすればいいの?って出発点がぼんやりしてる子がほとんどだよね。  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
ダルビッシュがかつて言い放った「努力は平気で嘘付くよ」はこういうこと  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
りんごくん@慧真館 on Twitter: “一生懸命勉強した経験のある人は、努力をしたら到達できる領域と、精一杯努力しても到達できない領域があるという現実に、いつか嫌でもぶち当たる。だから、ちゃんと勉強した経験のない人ほど、努力すれば何でもできると簡単に言う。…  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter 
スポーツを本気でやったことある人はこの違いをすぐ知るんですけどね・・・  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
非常に分かる話。 ただ、がむしゃらに勉強した人でも「自分の努力が足りなかっただけ」「周囲の環境が悪かっただけ」という、自分が到達できなかった理由を外側に求めてしまう人も一定数いて、そういう方も危うい教育パパママになるパターンもあると思ったり。  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
勉強だけじゃないって言おうとしたけどスポーツだろうが遊びだろうが結局努力する過程で勉強する事には変わらねーですね 努力しても辿り着けない領域はあるんですよ······ 幾度それで筆を折った事か······ 形にしては捨てて形にしては捨てての繰り返し辛かったっす  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 
特に思うこともないが、あとになってから二人とも高卒だったと聞いてガックリ。 確かに、伸ばす方向の支援ができないので娯楽をカットする方向に全力の両親だった。 済んだことだから別にいいけどよ。  https://twitter.com/keishinkan/status/1326520174686564360 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。