スポンサーリンク

黒子のバスケ脅迫犯「やったのは俺だけど反省も謝罪もしないよwwwww」

「謝罪しない」、黒子のバスケ脅迫の被告



a6058c6c.png



人気漫画「黒子のバスケ」の関係先に脅迫文が送られた事件で、威力業務妨害罪に問われた住所不定の派遣社員、渡辺博史(ひろふみ)被告(36)の初公判が13日、東京地裁(鹿野伸二裁判長)であった。

 被告は「間違いない」と起訴事実を認める一方、「反省するなら始めからこんなことしない。謝罪もしない」と述べた。

 検察側は冒頭陳述で、大学受験に失敗し、志していた漫画家にもなれなかった渡辺被告が、高学歴の「黒子のバスケ」の作者を妬み、犯行を計画したと指摘。2012年10月、作者の母校・上智大の体育館に硫化水素入りの容器を置き、大学側に警備を強化させたと主張した。



引用元
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140313-OYT1T00806.htm?from=rss&ref=rssad



ネットユーザーの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

NGワードが設定されています。

差別的表現、誹謗中傷、性的内容などの投稿はご遠慮ください。
上記以外にも管理人が不適切と判断したコメントは削除させて頂きます。
予めご了承下さい。

コメント 0