科学・技術・医学

【おっさん速報】筋肉痛が遅れてくる本当の理由wwwwwww

筋肉痛が遅れてくるのは歳のせい?「ある意味ケガと同じだから、痛みが遅れる理由がない」


7dc06f6e.png

現代人にありがちな運動不足。2~3日経ってから筋肉痛に襲われ、「歳とったな」なんて話をよく聞く。
歳をとると、筋肉痛は遅れるのか? 筋肉痛はある意味でケガだから、痛みが遅れるのは変な話だ。加齢とともに回復が遅れ、痛みのピークが2~3日後になるのが「歳のせい」の正体なのだ。
■痛みをともなう構造改革?
激しい運動をすると筋肉痛になるのは1.筋肉の損傷、2.疲労物質が原因だ。
筋肉は繊維状になった細胞の集まりで、太さ0.02mmほどの筋線維(きんせんい)が束になって形成される。筋線維を分解すると0.001mm程度の筋原線維(きんげんせんい)があらわれる。細い糸を束ねて太いロープを作るのと同様に、しなやかさ、弾力性を保ちながらも、強い力を出せるのはこの構造だからだ。
激しい運動をすると、これらの繊維が損傷する。ある意味でケガをしているのと同じだから、痛くて当たり前。これが筋肉痛だ。
引用元
http://news.ameba.jp/20140315-156/



ネットユーザーの反応

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。