スポンサーリンク

【おっさん速報】筋肉痛が遅れてくる本当の理由wwwwwww

筋肉痛が遅れてくるのは歳のせい?「ある意味ケガと同じだから、痛みが遅れる理由がない」



7dc06f6e.png



現代人にありがちな運動不足。2~3日経ってから筋肉痛に襲われ、「歳とったな」なんて話をよく聞く。

歳をとると、筋肉痛は遅れるのか? 筋肉痛はある意味でケガだから、痛みが遅れるのは変な話だ。加齢とともに回復が遅れ、痛みのピークが2~3日後になるのが「歳のせい」の正体なのだ。

■痛みをともなう構造改革?

激しい運動をすると筋肉痛になるのは1.筋肉の損傷、2.疲労物質が原因だ。

筋肉は繊維状になった細胞の集まりで、太さ0.02mmほどの筋線維(きんせんい)が束になって形成される。筋線維を分解すると0.001mm程度の筋原線維(きんげんせんい)があらわれる。細い糸を束ねて太いロープを作るのと同様に、しなやかさ、弾力性を保ちながらも、強い力を出せるのはこの構造だからだ。

激しい運動をすると、これらの繊維が損傷する。ある意味でケガをしているのと同じだから、痛くて当たり前。これが筋肉痛だ。

引用元
http://news.ameba.jp/20140315-156/



ネットユーザーの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント番号をクリックで返信できます。

NGワードが設定されています。
差別的表現、誹謗中傷、性的内容などの投稿はご遠慮ください。
上記以外にも管理人が不適切と判断したコメントは削除させて頂きます。
予めご了承下さい。

コメント 0