海外の反応

【中国の反応】元農水次官が息子を殺害「なんという悲しい事件だ」「この人は悪くない」一時話題のツイートに

日本に関する海外の反応(コメント)を翻訳してまとめているカテゴリーです。

元農水次官が息子を殺害した事件を紹介した記事に対し、中国のツイッターWeibo上で沢山のコメントが投稿されていますのでご紹介します。

1:海外の反応@2ろぐちゃんねる

日本の元エリート官僚、熊澤英昭が長男を殺害した罪に問われた事件で、今月13日、東京地方裁判所において最終陳述が行われた。法廷で熊澤被告と妻は、息子の英一郎氏の家族に対する虐待や、兄が原因で絶望し自殺した娘について証言した。妻は、息子が中学に上がってから受けた虐待や実家に戻った後の暴力について話した。

おすすめ記事


 

ソース元

2:海外の反応@2ろぐちゃんねる

誰もこんな息子になって欲しいなんて思わないよ。父親が自分の息子に手をかけるってことは、この息子が本当にどうしようもなかったってこと

 

 

3:海外の反応@2ろぐちゃんねる

外でのイライラを家族への暴力で発散させるなんて、まさにゴミ息子

 

 

4:海外の反応@2ろぐちゃんねる

日本の報道を見たけど、この息子は精神的な疾患を抱えていたらしいね


 

5:海外の反応@2ろぐちゃんねる

ありえない!なんで自分がいじめられたからって自分の母親を殴るの?一体どんな人が自分を産んでくれた人に拳を上げられる?息子は母親を守るべき存在でしょ?


 

6:海外の反応@2ろぐちゃんねる

家庭内の悲劇だ、誰が悪いなんて言えない

 

 

7:海外の反応@2ろぐちゃんねる

それで…本当に娘さんが自殺したの?なんて悲惨な…

 

 

8:海外の反応@2ろぐちゃんねる

親が子供を殺すなんてことは絶対受け入れられないけど、母親に対する態度を聞くと、この息子は死んで当然だな


 

9:海外の反応@2ろぐちゃんねる

自らの手で事を終わらせるなんて、立派だと思う


 

10:海外の反応@2ろぐちゃんねる

息子だって、こんなふうになりたいとは思ってなかったはず。一番可愛そうなのは娘だよ

 

 

11:海外の反応@2ろぐちゃんねる

子供を育てるっていうのは大変な事。犯罪者にしようと毎日子供を育てている人なんていない

 

 

12:海外の反応@2ろぐちゃんねる

なんという悲惨な事件なんだ


 

13:海外の反応@2ろぐちゃんねる

この父親は、天に替わって手を下しただけ

 

 

14:海外の反応@2ろぐちゃんねる

日本人は民度が高いし、官僚ともなればその平均以上にモラルがあるはず。しかも浅はかな行動をとってしまうような若年者でもない。そんな人が我が子を殺すなんて、よっぽどのこと!息子の悪行も言わずもがな!

 

 

15:海外の反応@2ろぐちゃんねる

幼い頃からどうしようもないこういう子供は、誰かに危害を加えないようにやはり死んでもらうしかない!この父親がとった行動は大義のある正しい行いだと思う!

 

 

16:海外の反応@2ろぐちゃんねる

中国のことわざに「どう猛な虎も我が子は食べない(親しい人には危害を与えない事の喩え)」というのがあるけど、今回のこの日本の父親は本当に哀れだ


 

17:海外の反応@2ろぐちゃんねる

どれだけの絶望を感じて実の子に手にかけたんだろう?

 

 

18:海外の反応@2ろぐちゃんねる

詳しく知れば知るほど心が痛い

 

 

19:海外の反応@2ろぐちゃんねる

減刑を望みます

 

 

20:海外の反応@2ろぐちゃんねる

この父親は、人々のために危険を排除し自分を犠牲にした。昔だったら英雄だ


 

 

関連記事

コメント一覧

  1. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    いやこの人に同情はできないでしょ
    この夫婦の証言聞いてたらたぶん息子のこと人間だと思ってなかったんだろうなとしか思わなかったんだけど
    この人も上級国民様だろ被害者が妊婦じゃなくてひきこもりの息子だっただけ
    家庭内に上下の格差があった絶望的な家庭だったんだろ

  2. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    全国のこどおじガクブルで草

  3. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    上級国民として権力を使えば池袋の悪魔・飯塚みたいに無罪になれるのに、潔く罪を受け入れている。

  4. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    ※2
    ガクブルなのはこどおじじゃなくてヒキニートなんだよなぁ

  5. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    日経ビジネスの記事でこの事件を「前時代的な儒教精神の発露」としていて、なるほどと思ったなあ
    曰く「”子”の生殺与奪権は”親”が握っている」という状態で、”子”の人権は無視されている、ということなんだそうだ

    儒教的な考えがまだまだ残っている東アジアではある程度共感支持されるだろうから、この中国の反応はまあ分かるよ
    それが良いかどうか別物として

  6. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    こんなのでも生まれた時は周りに祝福されてたんだろうな
    まさか引きこもりニートになるなんて誰も分からんよね

  7. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    兄が原因で絶望し自殺した娘とか100%嘘やん

  8. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    私は息子が二人いますが二人ともから優しい子に成長した。

    下の息子が中学生の頃、警察に何度か補導されたり、
    家庭裁判所に呼ばれたりと色々大変な時があった。
    「これ以上人様に迷惑掛けるとお前を殺して母さんも死ぬぞ」
    と息子の胸ぐらを掴んで壁に叩きつけたこともありました。
    その時は本当に最悪の事態になる前に親の私が何とかしなければ
    と思ったのです。

    そう言う時期があった私は、この父親が気の毒でなりません。

    ただ、振り返れば乱暴者の息子でしたが私が怒って
    殴ろうが蹴ろうが、私に手をあげる事はありませんできた。
    それが救いだったのかなぁ?

  9. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    この話を聞くたびに高瀬舟を思い出す…

  10. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    精神疾患は周りを不幸にするよ·····
    それが暴力的になるとね
    兄の1人が精神疾患で過去暴れまくった時期があってあわや殺傷沙汰になりそうな事が何度かあった
    父親ともう1人の兄が宥めたり時には暴力で抑えたけど
    今はもう退院出来ない長期入院させてる
    1人が狂うだけで一家離散になる家庭も沢山あるだろうな·····
    1歩間違えたら我が家も報道されてたと思う

  11. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    戸塚ヨットスクールみたいな民間の強制収容所にぶち込めばよかったのにな

  12. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    無能な長男が勤勉な妹に嫉妬して…何をやったんだ?
    自殺に追い詰めるなんて、想像を絶することをやらかしたんだろうな

  13. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    ※2
    出た!全く流行らない「子供部屋オジサン」って言う在日専用ワードw

    鏡見て作ったの?w

  14. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    実際よそに相談って難しいだろうなって思うよ。自分の子供だから自分達でなんとかしなきゃって思ったんだろうね。悲しい。

  15. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    まあ育て方間違えたこの人にも罪はあると思うけどな

  16. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    ※1
    日本人の感性を感じない文章だな。それと「上級国民様」ってなんだ?
    他人が茶化して良い事件ではない。お前が同じ日本人であるならば恥を知れ!日本人でないなら静かに無視してくれ。※1

  17. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    小室直樹は父親にも手が付けられないほどなら息子でも殺せと言っている。

  18. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    お母さんは長年家庭内暴力を息子から受けていて、
    父親が息子から暴力を初めて受けたのはここ最近だったのよな。
    という事はお母さんが受けていた暴力を、父親はどう対応してたんだろうという疑問は残る。父親はエリートだった訳だし家を空ける時間が長かったと考えると、その間お母さんはずっと息子の暴力に1人で耐えていたのだろうか

    息子の育て方間違えたのが悪いって言うヤツは自分がどんだけ完璧な子育て出来ると思ってんだろうか。
    子供はそんな簡単に親の思う通りに育つもんじゃないよ。持って生まれた性格だってあるし、ましてやこの息子は精神疾患持ちだったってのに

  19. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    結構なお偉いさんなのに息子のコミケに付き合ったりもしてたらしいから理解を示して相当な譲歩や努力は重ねてきた筈
    心底追い込まれてしまった結果

  20. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    子供の育て方を間違ってるから悪くないことはない

  21. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    辛い話。

    息子はガチの発達障害で、こだわりが強くてコミュニケーション不全があり、そのせいで学校でいじめられた。
    「発達障害」なんて知られてなかった当時、父親は高級官僚で子育てにタッチする余裕はなかったろうから、一手に引き受けていた母親は息子を何とか普通にしようと注意したり叱ったり怒ったりの連続だったんだろう。息子はそのことで母親を憎むようになり暴力をふるうようになった。この辺りからは、もう二次障害で統失気味だったのかもしれないね。
    いつから精神科医に診てもらうようになったのか分からないが、この両親にとっては相当の心理的ハードルを越えての精神科受診だったと思う。私(50代)の親世代だと「精神病」は恥であり差別対象以外の何ものでもなかったから、私もまだその感覚から完全には抜け出せてないし。

    娘さんはお兄さんのせいで縁談が全部ダメになったらしいよね。
    家と縁を切って離れてしまえば良かったのにと思うが、親を放ってはおけなかったのかな。

    でも、この息子、上司を憎むあまりに包丁を持ち出そうとしたときは、自ら精神科医にそれを告げている。ということは、本人は意識してなかったかもしれないが、感情コントロールがどうにもならない自分を止めてほしかったのかもしれない。
    そして、母親は長らく息子の暴力にさらされ耐えてきたのに対し、父親は最後の同居で初めて暴力を受けるようになり、その他の言動や少し前の事件もあって直ぐに恐怖に耐えられなくなってしまった。
    そういう意味で「短絡的」と言えなくもないのかも知れない。
    でも、ついに自分にまで牙を剥いた息子に、どうして良いか分からなくなってしまったんだろうな…たぶん、息子にしてみれば壮大な甘えなんだろうけど。

  22. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    育て方が悪いとかいうけどさ、子育てに正解なんてないのに・・・
    こーゆう育て方したらいい子になりますマニュアルでもあんのかよ?
    子育てしたことない奴が子育てがどーのこーの言うなよ

  23. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    もっと早く、息子が初めて暴力を振るった時に外に助けを求めていたらと思うけど、当時は相談出来る所がなかったか、あったとしても解決までは至らないような所だったんだろうな
    とにかく早く専門機関を作るべき

  24. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    全方向に救いを求めてたら、どこかの施設やらカウンセラーやら何かが見つかってたはず。
    世間体もプライドも投げ捨てて、周囲に相談しまくることができてたら、こんな内向きの結論にならなかったと思う。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。