ツイッター

フィードバックが天才的に上手い上司の言葉「褒めるときはヒトを主語に、注意をするときはモノを主語にすると良いぞ」

フィードバックが天才的に上手な上司が、「褒めるときはヒトを主語に、注意をするときはモノを主語にする」と言ってました。褒める時は「〇〇さんが頑張って仕事をしてくれた」と、名前を前面に出す一方、注意する時は「この資料に誤入力があるので修正が必要」と、資料を対象にする。凄く本質的な知識
@Bopepo1 意識したことなかったです。よく分かります。しっかり使わせて頂きます
@Bopepo1 これは相手のことを思うと自然とそうなりますね。改めて言われるとその通りだなって思いました。
@Bopepo1 勉強になりました。
いろんなときに使えそう、、、
@1Y777SNQkyQauY9 色んな場面で活用できると嬉しいです✨
@Bopepo1 子育てに応用させてもらいます!!
@Bopepo1 なるほどなぁ〜と凄くスーッと胸に入ってきました✨
明日からさっそく活用させていただきます☺️
@Bopepo1 ちなみに、板尾創路さんもそれをつかいます(笑)
@Bopepo1 少し言われる方を想像したけど嬉しさも心のダメージ段違いだわ
言う側になっても意識しとこ
@Bopepo1 こんな言い方を上手にして、部下の気持ちを汲んでくれるような上司🍀
ステキですよね(๑˃̵ᴗ˂̵)
やる気を引き出して共に成長していくようなスタイルでいきたいな🙈✨✨
@yuu_love_Peace やる気を引き出す上司は素敵ですね!
@Bopepo1 うわー具体的でめちゃくちゃ分かりやすく、そしてめちゃくちゃ納得✨
@Bopepo1 私も仕事で人に指導する機会が増えてきましたので 参考にしたいと思います。
素敵な心得 ありがとうございました。
@Bopepo1 めっちゃいい!仕事で使います!
@radioman0420 デキル上司は行動力✨もありました(*´ω`*)✨
@Bopepo1 「褒めるときは人前で」「叱るときは2人きりで」と似たような印象を受けましたが、よりこちらの手法の方が洗練されている印象を受けました。
@Bopepo1 世界の上司に知ってほしい育成tipsですね。
@Bopepo1 頭がよく
人間力のある上司の方ですね。
人望あるのでしょうね。😊
@Bopepo1 このお話、逆にフィードバック受ける側に立ったときの自戒としても解釈しといたほうがいいなと思った。世間には議論慣れしてないせいかまるで人格を否定されたかのように受け取っちゃう人も多い。そう、俺のことだけど。うっかりカッとなりそうになることあって、そういうこ気をつけて直していきたい。
@Bopepo1 この使い分けは大事ですね!受けての印象がちがう。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

アクセスランキング ブログパーツ