スポンサーリンク

日本古来の伝統芸能「雅楽」を演奏したらJASRACから著作権料を求められたでござる


1: 0

日本古来の伝統芸能「雅楽」を演奏したら、日本音楽著作権協会(JASRAC)から
著作権料を求められた――。雅楽演奏家の男性がツイッター上でこんな投稿をした。
千年前の作品に使用料が発生するのか、と驚いた様子だ。

法律に照らし合わせても、著作権の保護期間の対象外なのは明らか。演奏家本人が、
そのてん末を語った。

「著作権フリーでも書類提出してもらいます」
雅楽演奏家の岩佐堅志さんは2012年12月12日、ツイッターに「JASRACから電話が
かかってきた」として、その内容を書いた。9月に兵庫県西宮市で開催した公演に関して、
著作権使用料を申告するように言われたという。13日のツイートでは、JASRACからの
連絡が今回で3回目だったと明かしている。

岩佐さん本人が、J-CASTニュースの電話取材に応じた。JASRACを名乗る若い男性から
12月12日に電話があり、西宮の公演について「著作権使用料の申告はされましたか」と
聞かれたという。過去2回、同様の問い合わせがあった際には「雅楽に著作権は
ありませんよ」と答えて収まったが、今回は違った。相手は「たとえ著作権フリーでも
書類は提出してもらいます」「演奏した曲を教えてほしい」と食い下がる。しかも
電話口では「ががく」を「がらく」と言い間違えており、岩佐さんは不信感を
もったようだ。再三「雅楽に著作権料は発生しない」と説明を続け、最終的に相手は
「今後は(書類を)出すように」と言い残して電話を切ったという。岩佐さんは
「本当にJASRACの担当者なのか分かりませんが、ちょっと驚きました」と苦笑いだ。

著作権法第51条では、著作権の保護期間は原則として著作者の死後50年継続すると
ある。無名または変名の著作物の場合は同第52条で、その著作物の公表後50年と
定められている。だが雅楽の場合、宮内庁のウェブサイトには「ほぼ10世紀に完成し」
とある。千年の歴史がある雅楽は、古典の演目であればどう考えても保護期間を過ぎている。

岩佐さんはツイッターで、「他の雅楽の人は電話掛かってこないのかなあ?」と
ぼやいていた。そこで都内にある日本雅樂會に問い合わせた。1962年以来、国立劇場などで
毎年雅楽の演奏会を開いており、「文部大臣奨励賞」を受賞したこともある団体だ。
「JASRACから著作権料の支払いを求められたことはあるか」との質問に、
「(電話が)かかってきたことはありません」と笑った。

「JASRACから謝罪の電話がありました」

著作権を管理する側は、雅楽をどうとらえているのか。文化庁に取材すると、
「一般論として」と前置きしたうえで、古来より伝わる作品であれば著作権保護期間から
外れているとする。一方、場合によってはオリジナルの作品を一部編曲した「新曲」が
演奏されたのではないか、と考えることもある。例えば公演用として特別に曲に
アレンジが加えられれば、古典作品とは「別物」と扱われるわけだ。管理担当者が
実際に演奏会に足を運んで見聞きしたわけではないので、古典か新作かは区別できない。
そのために岩佐さんに問い合わせが入った可能性はある。
>>2~続く)

http://www.j-cast.com/2012/12/13158142.html?p=all




転載元
スレタイ: 日本古来の伝統芸能「雅楽」を演奏したらJASRACから著作権料を求められたでござる
スレURL: http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1355450733/

2: 0

>>1の続き)
だが岩佐さんは、「西宮の演奏会での演目は、すべて古典。JASRACを名乗る
男性からの電話の際も、伝統作品をアレンジした『新曲』が世に出ているが、
私は『古典こそ雅楽』というポリシーがあるので(編曲された作品は)演奏して
いないと説明しました」と話した。

JASRACには、同団体が管理している作品をネット上で検索できるシステムがある。
これを使って、岩佐さんの西宮公演での演目を調べてみたが、JASRACへの「信託状況」
は消滅しているか、該当データが見つからないかのいずれかとなった。こうなると
岩佐さんが指摘したとおり、演目はすべて古典作品ということが考えられる。

J-CASTニュースはJASRACに、今回の件で見解を求めるため電話取材を試みた。
広報担当者は、岩佐さんの件についてインターネット上で話題になっていることを
把握している様子で、「詳細に関しては現在、内部で調査中です。詳細が判明したら
明らかにいたします」と話すにとどまった。

13日夕方になって、岩佐さんがJ-CASTニュースに「JASRACから謝罪の電話が
ありました」と明かしてきた。「行き違いがあったようです。私も、特に怒っているわけではありません」。



3: 0

事実やったんかい
ヤクザと変わらんだろ



4: 0

JASRACならあり得るところが笑えん・・・。


5: 0

ゆすりたかりのカスラック


6: 0

これもPRの一貫です。


7: 0

電話口では「ががく」を「がらく」と…


19: 0

>>7
音楽全般に携わってる組織の人がねえ



8: 0

落語の出囃子でも金取りそうな勢いだな


10: 0

酷いなカスラック
他人の褌で金儲けするとこう成るんだろうな
まるで在狂のテレビ局の様にモラルなしw



12: O

誰に断ってこのシマで商売しとんじゃレベル。


13: 0

>JASRACから謝罪の電話がありました

著作料請求を認めたって事か…。カスラックは屑だな。



14: O

どっかの小学生がやってる債権回収詐欺と同レベル


15: 0

謝罪の電話っていうのも、本当にJASRACからだったのか疑問だなぁ・・・
警察に被害届けが出されるとヤバイと思った犯人の揉み消し工作では?



16: 0

たとえ新曲でもジャスラックに著作権管理を委託していなければジャスラックは何も出来ないだろ?
で、ジャスラックに著作権管理を委託している雅楽ってあるの?



20: 0

演奏会を催す際にはカスラックに申請すべしというカスラックの内部規定のようなものがあり
イベント会場の予定表などで申請されていないものを発見すると、監視員が電話して
催促するようだな
今回もその手の監視行動に引っかかったみたいだ
カスラックへの申請に関しては法律で決められているわけじゃないから義務でも無い



21: 0

ほんとクズだなこいつら・・・


22: 0

で、伝統作品をアレンジしたら別の曲になって
カスラックに金が入って丸儲けってか
それはおかしくないか
日本から音楽が消えるでこれは



26: 0

>>22
著作権者がカスラックを使わなければ取り立てのしようがないよ。



27: 0

>>26
だからこそ、今回の件はおかしいよな。JASRACを語った詐欺か、
JASRACが基地外かのどっちか



23: 0

この話が本当なら、JASRACは路上ライブでも監視してるばいいのに


25: 0

全ての音楽演奏はカスラックから著作料を請求されます。

仮に学校の文化祭等であっても演奏しようものなら、カスラックは著作料を請求します。



28: 0

電話してきたJASRAC担当者の名前と所属とJASRAC責任者の名前を公表してほしい。


29: 0

>オリジナルの作品を一部編曲した「新曲」が
>演奏されたのではないか、と考えることもある。例えば公演用として特別に曲に
>アレンジが加えられれば、古典作品とは「別物」と扱われるわけだ。

「古典」であって問題がない以上、
「別物」である「新曲」も、もちろん問題ないだろ?
何を言ってるんだ?

現行法上保護されている著作物のアレンジであってこそ
「一応」問題になるんだろうが!!

記者もバカかよw
間違った理解で書くなカス



37: 0

>>29
著作権消滅している楽曲を他人がアレンジした新曲、
を演奏した場合だから、アレンジした人は
著作権法上の権利があるんじゃないの



42: 0

>>37
そうだよ。アレンジした人に著作権がある。
そこから先が分らないのだが、
JASRACに一体何の法的権利があるんだ?



31: 0

著作権の切れてる楽曲のリミックスやアレンジを作る場合って誰かに断りを入れなきゃだめなの?


33: 0

>>31
カスラック様にお伺いを立てないと駄目なんじゃないの?w

アレンジ後の曲の著作権が自分にあっても
自分が演奏する場合はカスラック様に上納金を支払う必要有るし

カスラックの存在意義がよく分からんなぁ



42: 0

>>31
推測で書くけど、断る必要はない。
著作権が切れている→アレンジの基となるものは法的保護の対象ではない
→アレンジをしても、それによって侵害するモノは存在しない。
→権利者はいないので、誰にも断る必要はない。



34: 0

NHKとか上から目線で金取るやつらは他人に厳しい。


35: 0

とにかく音楽なら著作権の有る無し関わらず、発見次第、全て申告請求します。

カスラックにとってはごく当たり前の通常業務です。←これを普通だと思っているところが基地外

簡単に言うと、全ての音楽について俺様に申告して許可を取れと言う意味です。



40: 0

ジャスラックの方から来ました


コメント 1