中国の日常

中国人 「法的に尖閣諸島が日本の領土ならば、米国はインディアンの領土だ!」

1: .24 ID:m03DWLrp0
【中国BBS】尖閣諸島が中国の領土である法的根拠は薄い?

中国大手検索サイト百度の掲示板に「領土問題における法的根拠の面で、わが国は不利だ」というスレッドが立てられた。
スレ主が抱いた不安に対して、中国人ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

日本が実効支配している尖閣諸島(中国名:釣魚島)に対し、中国政府は1970年代に
同諸島周辺海域に地下資源の存在がクローズアップされた時期から、領有権を主張し始めた。

尖閣諸島は沖縄県に属すが、スレ主は「中国建国初期に毛沢東が沖縄は日本領であることを認めてしまったことは極めて不利だ」と主張。
もし中国が沖縄県の領有権を主張すれば、日本が中国東北地方(旧満州)の領有権を主張してくる可能性があり、
チベットについても同様の問題が生じると懸念を示した。

中国のネットユーザーからは、法律など考慮(こうりょ)する必要はないという強硬な意見が多く寄せられた。

・「スレ主は考えすぎだ。国際法とは実に簡単。つまりは弱肉強食なだけ」
・「真理とは砲弾の射程内にあるものだ」
・「法律なんて世間話に使う物。決定的なポイントは軍事力だ」

また、「法的観点で言うならば米国はインディアンの領土だ」という主張や、
「そもそも領土問題が法律で解決できたことなんてあるのか?」という意見も寄せられた。

さらに、沖縄が日本領であることを認める一方で、尖閣諸島が台湾に属すとの主張も見られた。
中国側の主張としては、「台湾は中国の一部であるため、台湾に属す尖閣諸島は自動的に中国領」という論法だ。

日本政府は基本見解として、尖閣諸島は一貫して日本の南西諸島の一部であり、
「1885年以降政府が沖縄県当局を通ずる等の方法により再三にわたり現地調査を行ない、単にこれが無人島であることを確認した。

さらに、清国(当時)の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重に確認したうえで、1895年1月14日に現地に
標杭を建設する旨の閣議決定を行って正式に日本領土に編入したと主張している。(編集担当:畠山栄)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0328&f=national_0328_002.shtml



転載元
スレタイ: 中国人 「法的に尖閣諸島が日本の領土ならば、米国はインディアンの領土だ!」
スレURL: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364441942/

この記事は2ろぐちゃんねるがまとめたものです。


4: ID:prUEmhMZ0
でもチベットは国内問題アルね

5: ID:k5f2AxaQP
チベット、内モンゴル、ウイグル…

7: ID:HWfY/cz80
それはアメリカに喧嘩売ってるの?

8: ID:FNXq35ox0
中国も満州族に領土を返すべき

9: ID:QOg9O1Wz0
これ日本の主張を否定することになってなくね?

11: ID:DKElAgf70
>法律なんて世間話に使う物。決定的なポイントは軍事力だ

ジャイアンかwww


65: ID:XfGwsoimi
>>11
実際その通りやろ
イラク戦争で正しかったのはイラク
大量破壊兵器の痕跡すらなかったんだしな


86: ID:NJIzz2h20
>>65
国境は、軍事力ではもうかえられない

米国はたしかにイラクとアフガンを攻撃したけれど
米国の土地にしたわけではない

イラクの石油に世界中が群がっているが
今の米国はそれほど必要としていない

アフガンにいたっては何も得ていないといっても良い
他の国は独裁政権から民主化したから、まあいいかといった認識

中国が尖閣を手に入れるための戦争を世界中は認めることはない
領土拡張のための戦争はもう許されない
根本的にちがうだろう


14: ID:xlp3eykU0
> 「国際法とは実に簡単。つまりは弱肉強食なだけ」
> 「真理とは砲弾の射程内にあるものだ」
> 「決定的なポイントは軍事力だ」

おお、実に中共してるな


15: ID:iudx5b0+0
モンゴル「俺の時代が来たか」

17: ID:BdYzKo530
中国は欲張りすぎなんだよ 月まで領土にする気だろ?

18: ID:DKElAgf70
>そもそも領土問題が法律で解決できたことなんてあるのか?

そう思うならさっさと撃ってくればいい
gdgd言って挑発行為ばっかりして偉そうに
ただのヘタレじゃねぇか


20: ID:YnGFNBrj0
なぜロシアのウラジオストクは中国だと言わないのかな?

21: ID:mInF9TBz0
>「中国建国初期に毛沢東が沖縄は日本領であることを認めてしまったことは極めて不利だ」

いやこれで決定だろ。1970年以前の中国では尖閣は問題にならなかった。
毛沢東が尖閣を日本領と認めてたんだぞ・・


27: ID:DKElAgf70
>>21
だよなwww
不利とか不利じゃないとかの問題じゃなくて、
それで決定してる

朝鮮の「イアンフガー!」も「いや、日韓基本条約で(ry」で論破
難癖つけて突っかかってくるのは特ア


23: ID:uTd/e59s0
尖閣が日本の領土なら、米国はアメリカの領土だ!

言いたいのはこっちだろ


24: ID:jYlKcP0G0
なんだその自爆

28: ID:VjpHN92w0
その理屈だと今の中国の領土はほとんど四散しますが・・・

36: ID:T8eZs0Hm0
「国際法とは実に簡単。つまりは弱肉強食なだけ」

正しいかどうかは別にして、これは事実だわな


39: ID:2mAGatjc0
基本的に「法的な話をされたら不利だ」という認識はあるみたいじゃんw

43: ID:2bz5kmexP
米国がインディアンの領土なら尖閣は日本の領土だし
米国がアメリカ人の領土でも尖閣は日本の領土だろ


48: ID:DKElAgf70
>>43でFA

45: ID:NJIzz2h20
チベットをチベット人、モンゴルをモンゴル人に返してやれ

55: ID:mJcBYf2V0
中国は矛盾だらけの主張して
その事を全世界で指摘したい。


63: ID:oqrEE1ZEi
じゃあヨーロッパは全部ギリシャかトルコのものだな。

1001:名無しさん@2ろぐちゃんねる:2012/00/20(?) 00:00:00.00 ID:0

コメント一覧

  1. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    なんの為の国際法だ

  2. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    あれ、言ってる意味がよくわからない今現在アメリカがアメリカ人の領土なんだから、尖閣は日本のものって事じゃねーの?俺がアホなの?

  3. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    向こうが法より武力だと言うならこちらも自衛隊増強すりゃいいだけ

  4. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    ちなみに中国はロシアの沿海州(含むウラジオストク)も最近は中国領と密かに主張し始めてるよwロシアとの国境も正式な条約で確定済みなんだけどね。彼らにとっては国境とは軍事力で変更できるものなんだろう。実際戦後でも南沙諸島では実質的に軍事力で領土を変更してるし。

  5. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    北朝鮮と同時に中共も一緒に潰したい

  6. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    つまり中国が日本を征服しようとしているといっているのですね?

  7. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    中国はチベットと東トルキスタンを返してやれよ

  8. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    インデアンもアメリカ人だよアホ中国とうとう中国は自分たちの言ってることおかしいのわかってないのか?尖閣諸島って印刷された書籍を中国政府が必死で回収してるってニュースは見たな韓国を見習って証拠ねつ造がはじまるかな古地図ってヨーロッパ人が主に作ってるから向こうに保存されてる中国、韓国で売られている地図はコピーでたいてい英字日本政府も今から地図の保護と国土主張をしっかりしてたほうが良いよね日本は古地図がしっかりあるけど中国韓国のちゃんとした古地図ってあるのかな日本みたいに測量をきっちりしたやつね

  9. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    >「法的観点で言うならば米国はインディアンの領土だ」コイツは何を言ってるんだ?この論法で行くと、漢族の領土は黄河中下流域だけになるなw

  10. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    それでベトナムの船にぶっ放したのか?周り中敵に回してなにがしたいんだ?

  11. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    敗戦処理で確定してる「中国」の弱い人々はともかく共産党は日本から大きな利益を得てる

  12. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    本当は中国も尖閣は日本の領土だと分かってて、それでも何とか手に入れたくて無理やりに理屈つけようとするからこういう訳のわからん事になるw

  13. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    尖閣は日本の領土、アメリカはインディアンの領土。えーと、はい、そうです。としか言えないwww

  14. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    中国の上層部とか上流一般市民とかは尖閣が日本領土っていうのはわかってるんだよわかってて盗ろうとしてるから性質が悪い

  15. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    漢民族はモンゴルの隣の草原に帰れよ、朝鮮民族はシベリアに帰れよ。

  16. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    話しをすり替えるなよ、それで行くとモンゴル最強伝説だろ

  17. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    今更すぎるが日本の領海って結構すごいんだよな韓国「」

  18. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    ・「スレ主は考えすぎだ。国際法とは実に簡単。つまりは弱肉強食なだけ」・「真理とは砲弾の射程内にあるものだ」・「法律なんて世間話に使う物。決定的なポイントは軍事力だ」これを相手にするんだから現行の日本国憲法では無理

  19. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    もっと吠えろ。墓穴を掘るだけだから。

  20. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    その理屈でいけば、「満州族の土地・チベット・ウイグル・南モンゴル」 を、どう説明するw??

  21. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    なら中国もモンゴルに領土を返して差し上げろ

  22. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    日本も中国も韓国も、平和条約関連についてしっかり学ばないとな。

  23. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    近年になって日本が尖閣を占有した、っていうのが中国の反論の基本になっているのに、スレタイで日本とインディアンが同列になってるのは何でだ?「米国はインディアンの領土だし、尖閣は中国の領土だ」が正解では?まあ説得力は益々無くなるんだけど

  24. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    墓穴掘って次は自爆ですか中国さん

  25. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    で、そのインディアンてのは何処の国の人なのかな?

  26. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    中国人の怖いところは 案外まともな思考も出来るという事ださらに怖いのは、まともな思考の果てに結局はイかれた結論に到達する事だ。

  27. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    国際法?アメリカのためのルールだろ軍事力で潰せよそんなもの法律連呼してるネトウヨや政治家は軍人が何のためにいるのか分からせたほうがいいその国際法を米中衝突のあいだに日本がルールを変えてやるから

  28. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    もうメンドクサイから満州返せや

  29. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    インディアンはアメリカ人じゃないとでもいうのか?旧満州を採りに来るとか国民を煽るのはやめろ、そんなことあるわけないじゃないか。

  30. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    だからそれ言い出したら全部アフリカになっちゃうじゃん頭悪いな

  31. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    尖閣が日本の領土ならば、米国はインディアンの領土だつまりもともと日本の領土であったことは認めてるんだな?

  32. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    ●中国でネットで意見してる連中は、「政治的意図」がある連中ばかりだから間違った理解を、「詰め込み教育」での激しい競争でやってるから、「鵜呑み脳」の連中だらけなのが中国の悲しい現状。 相変わらず日本も同じだが、年寄り連中の方が「理解・弁え」はある。 でも彼らはネットをやらないし、知識層の人間はアホな発言はしない。 そして若年層の低質な知能が社会を荒らしてる。 戦時中の日本人でも、自分で考えられる人達は「真実」も「未来」も見えてたのにな・・・

  33. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    ※32若い人間をやたら目の敵にしたがるのは救いのない老害の典型だなしかも、内容が中身のない抽象論でとか一生romってろよ

  34. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    インディアンってアメリカ人じゃねぇの?ヨーロッパから来たのが侵略者だろ?

  35. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    堂々と法律無視していいとかほざいてるこんな馬鹿どもの国が常任理事国とかどう考えてもおかしいだろ。いい加減外せ。そしてこの滅茶苦茶な話に「その通り」とか言い出すお馬鹿。

  36. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    頼むから日本もまともな軍隊整備して欲しい法や理屈は強制力が無きゃ意味をもたないんだよ

  37. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    さすが支那さんアメリカに自然と喧嘩を売れるなんて、そこにシビれる憧れルゥ!

  38. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    起源は韓国、とか言ってる国と同じ土俵に立ったな・・・

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。