スポンサーリンク

取引先に送ってしまったメールがヤバイwwwwwwww

あぁ、失敗! 取引先とのメールに関するトラブル

c47ed24f.png

 いつでも好きなときに送信できるメールは、ビジネスの場においても大活躍。しかし、便利だからこそ使い方にはじゅうぶん注意しないと、電話や直接会って話すときのようにすぐにフォローができず困った結果に。よくありがちな例を挙げて、注意したいポイントをおさらいしてみましょう。


引用元: アメーバニュース

http://news.ameba.jp/20140408-493/

ネット上の反応

中国の取引先から、
件名”道田の住所教えて”
でメール着てたの見た時は吹いた
会社に取引先からお歳暮が届いたので「社員全員で美味しくいただきました。有り難うございます」とメールを送った後、よく見たら石鹸の詰め合わせだったのでこれから緊急会議です。
「いや、別に・・・という 「 件名 」のメールが届いた。バイトの店員が店の奥です」 書類を入れた封筒を取引先に届ける時。
嫁の浮気相手の会社に、「間男に浮気メールを間違って送られた取引先」と偽って『貴方の人間性を疑うので取引中止する』とメールしてやった
メールと電話でしかやり取りしてなかった取引先の人に今日あったら割と美人でびっくりした
も一つ吐き出し。
とある取引先にデータをメール送信しているのですが、
『エクセルだと数字をいじれるからPDFにして欲しい』
と言われた。
で、半年後、本人から
『データはエクセルで欲しい。どうしてPDFにしたのか。』
とか言われてムカつく通り越してワロタwww
朝から何度か取引先の人(初見)とメールを交わす。始まりは必ず常套句の「いつもお世話に~」だけど、さっきのメールから相手が「お疲れ様です」と来た。壁を越えた瞬間。←きっと間違いw
上司が大口の取引先相手のメールで、「ご返信心よりお待ち申し上げます」を「変死」ってTypoしてチーム内がざわってなったままお昼に向かう
取引先に「死霊添付しました」とメールしてた…取り返したい…

コメント 5