食べ物系

デニム専門店「豚まんも藍色に染めちゃったw」 デニムまん発売←くっそマズそう…

豚まんも藍に染めちゃった 倉敷のデニム専門店にある「デニムまん」に食欲が仕事しない

 

 国内で初めてジーンズを生産した土地として知られる、岡山県倉敷市の児島地区。これにちなんだ同市の美観地区にあるデニム専門店「倉敷デニムストリート」では、デニムの定番カラーである藍色に染まった豚まん「デニムまん」という珍妙な食べ物が売られています。好奇心とは裏腹に食欲が湧いてきません。

l_kuro_150330denimu01<img class="ranking-number" src="https://2logch.com/wp-content/themes/jin/img/rank01.png" />
「デニムまん」――豚まんがジーンズのようにインディゴブルー!(写真提供:倉敷デニムストリート、以下も同じ)

 「倉敷デニムストリート」は2014年11月にオープン。店内で児島産のデニム商品や、デニム製のジーンズ、バッグ、小物などを取りそろえる一方、店頭でデニムをイメージしたさまざまな軽食を販売しています。

l_kuro_150330denimu02
「倉敷デニムストリート」店内。あらゆるデニム商品を取りそろえています

l_kuro_150330denimu03
そして店頭販売のフードもデニムづくしという徹底ぶり

 そのメニューの1つが「デニムまん」(350円、以下すべて税込)。クチナシの花を使って皮をインディゴブルーに仕上げ、中には黒豚肉のあんが入っています。青い肉まんといえば2011年にファミリーマートが発売した「スライム肉まん」なんてものもありましたが、それよりもずっと暗い青色。おせじにもおいしそうとは言えないです。

引用元:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1504/06/news150.html

他にも「デニムソフト」「デニムバーガー」など色んな食べ物がインディゴブルー

画像画像「デニムソフト」(左)、「デニムバーガー」(右)


倉敷市民は頭おかしんか(怒)
デニムまんすごいな。めっさ地元だが知らなんだ
デニムまんもやばいけどデニムバーガーがやばい。オウッフ・・・
うわぁ…何とも食欲が失せる色。でも味わってみたい!
デニムまんは何がアレかって制作理由が「店長の悪ノリ」とかそんなんじゃったところ

コメント一覧

  1. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    サントリーじゃねえんだから、何でもかんでも青くすればいいってもんじゃねえぞ

  2. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    カビの色

  3. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    デニムスティックがひyに見えて草

  4. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    一番青く出来そうなソフトクリームがしろっぽいてなんだよ、その辺のチョコミントアイスの方が青いぞ

  5. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    まぁ色だけで味は普通なんですけどねw

  6. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    いっその事食べられるデニムでも作ったほうが話題になっただろうに

  7. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    ※6どうやって作るんだよクソニート

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。