海外

【米中】「中国共産党こそ真の敵」アメリカ国防総省、最新報告書の衝撃

1:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 07:53:48.25 ID:XKsKbqew9



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190607-00065053-gendaibiz-int
■これは自由と抑圧の戦いである
 米国が中国との対決姿勢を強めている。国防総省が発表した最新の報告書は
「自由や公正、ルールに基づく国際秩序」といった価値観を重視し、それを守るために、米国が同盟国や友好国と連携を強化する方針を強調した。
これは何を意味するのか。

 国防総省は6月1日、2019年版の「インド太平洋戦略報告」を発表し、シャナハン国防長官代行が同日、シンガポールで開かれた
アジア安全保障会議での演説で骨子を明らかにした。
日本では読売新聞を除いて、大きく報じられていない。そこで、重要なポイントをいくつか指摘しよう。

 この報告で、まず目を引いたのは、国防総省が「国家間の戦略的競争」を「自由な世界秩序を目指す」勢力と「抑圧的な世界秩序を目指す」勢力との
地政学的な競争関係と定義した点である。そんな競争関係こそが「米国の安全保障上の最大の懸念」と指摘した。
一見、読み飛ばしてしまいがちだが、こういう「戦いの定義」にこそ問題の核心が示されている。
抑圧的勢力とは、ずばり中国だ。シャナハン氏が署名した序文は、次のように書いている。

———-
中国共産党が支配する中国は軍備の近代化や影響力の行使、さらに他国を強制的に従わせるような略奪的な経済手段によって、
自国が有利になるように(インド太平洋)地域を再編しようとしている(序文1ページ)。
———-

 米国は「自由vs.抑圧」こそが、米中対決の本質と捉えているのだ。
こうした認識は2017年12月の「国家安全保障戦略(NSS)」や18年1月の「国家防衛戦略(NDS)」、あるいは18年10月のペンス副大統領演説にも示されていたが、
今回は「抑圧との戦い」という表現で一層、明確にした。

 この定義を見ると、私はかつての「トルーマン・ドクトリン」を思い出す。
トルーマン米大統領は1947年3月、ソ連との緊張が高まる中、
「ソ連は恐怖と圧政、統制された出版と放送…で成り立っている。米国は武装した少数派や外圧による征服の意図に抵抗する自由な諸国民を支援する」と演説した。
ソ連との冷戦開始を宣言した歴史的な演説である。後に「トルーマン・ドクトリン」として知られるようになった。
この演説の核心である「圧政vs.自由」の戦いとは、まさに今回の「自由vs.抑圧」ではないか。

■「中国国民」と「共産党」は別物
 この1点を見ても、国防総省が今回まとめた「インド太平洋戦略報告」はかつてのトルーマン・ドクトリンのような「トランプ・ドクトリン」に相当する、と言っていい。
トランプ政権の中国に対する見方が軍事だけでなく、経済や価値観を含めて簡潔に示されている。
私はトルーマン・ドクトリンを紹介した昨年のコラムで
「これから米国に予想されるのは『トランプ・ドクトリン』と『包括的な対中戦略』の策定、それに『対中輸出規制の強化』ではないか」と書いた。
ドクトリンだけでなく「対中輸出規制の強化」も、華為技術(ファーウェイ)に対する米国製品の輸出禁止措置で現実になった。
半年前は米中対決を単なる貿易摩擦と捉える見方が多かったが、その後の展開は、まさに米中新冷戦の開始を物語っている。

 もう1点、私が注目したのは、先の引用文にある「中国共産党が支配する中国」という表現だ。
原文は「the People’s Republic of China, under the leadership of the Chinese Communist Party」となっている。
この言い回しは、中国を名指しした部分で何度も出てくる。単に中国と言わず、必ず「中国共産党が支配する」という枕詞を付けているのだ。
これが何を意味するか。トランプ政権は「中国という国が敵なのではなく、中国共産党こそが真の敵」とみなしているのだ。
米国にとって打倒すべき相手は中国という国ではない。中国共産党の支配体制である。その点は、本文の次の部分を読むと、一層、明確になる。

———-
おそらく、中国以上に自由で開かれた地域や国際システムから利益を享受できる国はない。
また、中国は数億人の人々が貧困を脱して、繁栄と安全を手にしたのを目撃してきたはずだ。
だが、中国国民が自由市場や正義、法の支配を渇望しているにもかかわらず、中国共産党が支配する中国は、自国の利益をむさぼることによって、
国際システムを傷つけると同時に、ルールに基づく秩序の価値や原則の数々を侵食している(7ページ)。
———-

※続きはソースで


 




元スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559861628/

17:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:00:59.41 ID:n+x3gyW90



>>1
有能
それに比べて自称保守のくせに全く使えないニライカナイとかいうクソ記者




2:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 07:54:48.49 ID:vjxwiYof0



やっっっとその結論にたどり着いたか。
トランプは世界の救世主になれるか…!!?




50:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:08:18.72 ID:e2wH3GPD0



>>2
ほんまトランプは(色んな意味で)すげぇわ




4:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 07:58:00.98 ID:5tWIDaji0



トランプっていうよりアメリカ議会がガチでこれだからアメリカ全体がこの流れ




5:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 07:58:22.65 ID:+pMpQCvJ0



でも国務省が赤くてね




12:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:00:02.59 ID:efS0xwwh0



それをやらなければならないなら今しかないでしょう!




15:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:00:20.05 ID:FQl5b+0x0



傍観してるだけのオバマとは違うわ。




21:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:01:56.97 ID:CExBasKi0



でも中国が民主化すると経済的に今以上に大国になるかもしれんよ




41:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:07:13.33 ID:5zpylf5A0



>>21
西方民族とか全部分割して、残りをイラクぐらいの
国土面積で分割させたいんじゃないかなぁ、アメさんは。




47:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:07:45.25 ID:aBAKzLRk0



>>21
ならない。今みたいに騙して技術取り放題なことは出来なくなるしデタラメな金の運用も出来なくなる
今までは独裁権力のおかげで魔法使いみたいなことがやれてたからな
魔法が使えなくなるなら堕ちるだけだ




24:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:02:24.20 ID:+I5xYKOx0



その抑圧のもとで中国人が文明的に振る舞っているのを見ると必要悪だと思えてしまう
でもそれじゃ駄目なんだろうな
少なくとも抑圧からの解放を掲げて築かれた近代科学文明の恩恵に浴する限りは




25:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:02:28.28 ID:AOWpge4g0



喜んでるけどそうなった場合太平洋の盾として使われるんだよなあ




30:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:04:48.05 ID:cS7KBeCE0



中国のハイテク産業の発展を妨害してる
アメリカが自由貿易とはこれいかに




31:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:04:56.28 ID:qLBwmjXc0



アメが台湾を守り切れるかどうかが分岐点やろなあ




34:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:05:24.39 ID:YQ0IZUcP0



今さらだよな
アメリカも何でもっと早く方向転換しなかったんだか




35:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:05:26.46 ID:JTeFLd2N0



共産党じゃなくて中国人だって
共産党潰しても中国人は変わらんよ




56:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:09:08.84 ID:+I5xYKOx0



>>35
むしろ状況は悪化するだろう
それでも抑圧は許されない




36:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:05:47.56 ID:6/qjzDYV0



やり過ぎたな、中国。




39:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:06:39.60 ID:AKLu7Yun0



ソ連への対抗上、中国共産党を甘やかして増長させたのはアメリカだろ。
責任持って成敗しろ。




40:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:06:50.88 ID:do10JYOe0



ロシアはどうなんだろうね。




43:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:07:16.43 ID:D67YFOqo0



ようやくアメリカがクソ重い腰を上げたか、ここまで永かった…




49:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:07:55.24 ID:n7TXqmg20



出来レースっぽい
今ある中共の支配体制を静かに終わらせたいと願ってるのって、実は共産党首脳たちだからな
トランプが去った後に米中仲直りすると日本は思いっきり貧乏くじ引かされるぞ




52:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:08:36.51 ID:XioI2/5D0



なんか普通の内容なんだが、読売新聞が書いたことが衝撃なんだろう




58:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:09:21.71 ID:3uOwVo1G0



遅きに失したが正しい。
経済だけの問題でなく、中国共産党はもはや安全保障上排除しなければならない人類の脅威。




62:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/06/07(金) 08:10:23.25 ID:6/qjzDYV0



口は悪いが、トランプは第2のレーガンに
なれる可能性出てきたな。




コメント一覧

  1. 名無しさん@2ろぐちゃんねる より:

    トランプさんは素晴らしいよ!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。